30代向けの海運会社の求人

海運会社求人TOP >> 条件別の海運会社の求人 >> 30代向けの海運会社の求人

30代向けの海運会社の求人

陸上職
海運会社の30代の求人として多いのは、それまでの経験を活かした専門性の高い職種です。たとえば運行管理業務では、担当船を持って客先から預かった貨物を安全に確実に運搬するための指示を出していきます。海運会社での経験のある人はもちろん、商社やエネルギー輸送などにかかわったことのある人が起用されることが多くあります。船舶の管理は、基本的に担当SI(Superintendent)が1人で担当します。当初は見習いSIとして勤務し、その後自分で担当船を持って、船舶の運航にかかわる全般的な指示を出していくようになります。

活かせる経験
また、30代の転職組に期待される経験や能力として、金融業界での資金調達業務があります。プロジェクトファイナンス組成の経験があれば有利です。海運会社でも財務チームは重要で、船を建造する際の資金調達や、為替の管理、運転資金の調達などは会社の生命線とも言っていいほどに重要であるため、金融業界の経験者は転職に有利です。石油会社や石油の運搬業務、商社などで営業部門や運輸部門、船舶部門での業務経験があれば即戦力として期待されます。船舶の運航と管理は、海運では花形の仕事で、運航の土台となる重要な業務です。世界の海をまたにかけての仕事です。世界の経済情報をリアルタイムで収集して、船のスケジュールを立てて最適な輸送計画を提案していく仕事です。

30代の求人
海運会社の30代の求人として多いのは、陸上総合職では、運行管理業務ほか、収支管理、企業・海務にかかわる法務、日本国内・海外のターミナル運営などです。IT関連業務も募集が多いもののひとつです。まったく海運にかかわったことのない人でも、システム開発のプロジェクトマネージャーの経験のある人にはチャンスがあります。財務や経理関係のシステム開発業務のプロにも門戸は開かれています。経理業務、ファイナイス業務の経験者も有利です。

英語力必須
海運会社は基本的に英語力があって当たり前という会社です。会社によって基準は様々ですが、TOEICで700点程度の英語力がないと応募そのものを受け付けてくれない可能性があります。30代の社会人で、ある程度海外ビジネスを経験したことのある人には問題はありませんが、他業種からの転職を狙うなら、英語力は鍛えておく必要があるでしょう。海運会社はジョブローテーション制度を導入していることが多く、様々な職種を経験することになります。その際に英語でできなければ仕事自体ができません。

海運会社の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 海運会社求人ガイド【※理想の転職を徹底アシスト】 All Rights Reserved.